病気の予防効果がある|女らしさを取り戻したいなら女性ホルモンを増やす|見違える程綺麗

女らしさを取り戻したいなら女性ホルモンを増やす|見違える程綺麗

婦人

病気の予防効果がある

悩む女性

変換できない人もいる

大豆にはイソフラボンという成分が含まれています。イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きがあります。そのため更年期障害を改善したり、骨粗しょう症の予防につながる効果があります。食品からイソフラボンを摂取すると、がんや脳梗塞、心筋梗塞のリスクを低減できます。しかしイソフラボンの健康効果は個人差があります。それはエクオールを作り出せない人がいるからです。エクオール生成菌という腸内細菌が大豆イソフラボンをエクオールに変換します。ですがこの細菌を持っていない人がいるのです。病気を予防しようと思って毎日大豆を食べていても、腸内に細菌がいなければ、効果が発揮されません。そこでオススメするのがエクオールのサプリメントです。サプリであれば、腸内に細菌がなくても効果を発揮できます。

女性の強い味方

女性ホルモンは肌の張りや髪の毛のツヤ、また血管や骨の健康を保持します。さらに自律神経のバランスを保ち、心を安定させます。体や心に対して様々な働きをする女性ホルモンですが、加齢と共に減少します。エクオールは女性ホルモンに似た働きをするため、シワを消すなどの美容効果があります。メイクで隠すのではなく、身体の内側から若返ることが可能です。ダイエットをしようと考えている方に有効です。食欲を抑制する効果があるため食事の量が減っても満足感を得られます。大豆を食べてイソフラボンをとることは可能ですが、体内でエクオールにできない人は、健康食品がオススメです。また大豆が嫌いな方でも、サプリメントであれば毎日摂取することが苦になりません。若々しく健康な体を手に入れるために、エクオールは強い味方になります。